Growth Maker

何を使うかではなく「どう使うか」が大切ですよね

現実と理想の両方から人生を創りましょう

 

 

キャリアは両極端な2つの考えで築きあげていきたい。

 

目の前にあることに全力でいるだけだったら、

大学1年生から4年生までテニスサークルで活動しているだけだったし、

自分は時間をかけて全力で働きたい会社を見つけることはできなかっただろうし、

何より留年してプログラミングを学ぶことはできなかったと思う。

 

大学4年生から始めた就職活動で自分が大切にしていたのは、

自分はどんな状態で、誰に対して影響を与えられる人材になりたいのか

そして、

そのためには何が必要で、今の自分には何が足りないのか」

そのせいで「目の前のことに全力」とまではいかなかったけど、

「進む方向性」は明確にすることができた。

 

結局、どっちも考えなくちゃいけないってこと。

目の前のこと全力で頑張るのもいいけど、

少しずつでも理想を立てていかないと苦しくなっちゃう。

 

両極端な考え方合わせ持って、後悔しない人生設計していきましょ。

 

 

読んでいたのは、こんな記事↓


先の読めないこれからを生き抜く、キャリアドリフトという考え方 | New Work Times