Growth Maker

何を使うかではなく「どう使うか」が大切ですよね

中途半端にペース落とさない

 
 
ランニングする時に1番良くないのは、
自分が自然に走れるペースより
少し落として走ることだ。

 

 
フォームが崩れるし、何よりリズムが崩れる。
自分が自然に動けるために必要なことを
無くしてしまうことが多い。
 
 
 
まあこのブログはランニングに関するブログではないので、「時間の過ごし方」についての例えだと言うことでイメージしてもらえたらなと思います。
 
 
 
今日は調子上がらないからゆっくり過ごそー、頭回らないから片付けられることから片付けよー。
 
 
これ、自分的にはあまり良くないです。
ホントに調子上がらない時は普通にしてても普通になってないし、頭回らないなら意図的に抑えなくても頭回らない。
 
 
だからした方が良いのは、
どうやったら普通のペースに戻せるか考えること。
 
もし、体調悪くて無理…っていうなら
潔く「何もやらない」を選んだ方が良いです。
 
 
下手にペース落とそうとすると、
戻れなくなる可能性あります。    
 
 
 
まとめると、
ペース落とそうと思うくらいなら何もやらない
 
 
 
一気に休んで元通り、が1番効果的。