Growth Maker

何を使うかではなく「どう使うか」が大切ですよね

ワーク・ライフ・シナジー

ワーク・ライフ・バランスの進化形

 

「ワーク・ライフ・バランス」

仕事と生活どちらに比重を傾けるか

 

という考え方が広まっている中、

新しい働き方の考え方「ワーク・ライフ・シナジー

を最近聞きました。 

 

意味は自分なりに解釈していうと

「仕事と生活の相互作用を生み出そう」

 

確かに仕事と生活って両方とれない前提で考えていたことが良くないよな。

 

生活をないがしろにして働いている人は

それを自分から選択しているのであって、両方とれない訳じゃない。

 

この考え方はできる気がする。

もちろんそれに反して残業がなくならない人もいるから

一概には断言してはいけないと思うけど。

 

 

働き方に関しての考え方はまだまだ学生の立場だから

持論なんてあるはずはないけど

 

時間感覚を自分でコントロールした上で働きたいなあ…

誰かに決められた時間で仕事するのは「やらされてる」のと変わらなそう。

 

んで結果的に仕事に関しての不満を自分じゃない誰かにぶつけちゃいそうだし。

そのために仕事を行う上でのスキルと時間感覚はしっかり身に着けておきたい。

 

「仕事と生活どっちが大切なの?」

って言われるような生き方をしない社会人を目指します。

 

以下参考記事!


「19時に帰ったら、全てが変わった」小室淑恵さんに聞くワーク・ライフバランス【Woman's Story】

 


3つの先進事例を通じてワークライフバランスを再考する~働き方の変革に向けた基本思想の重要性~|経営研レポート 2010 | NTTデータ経営研究所