Growth Maker

何を使うかではなく「どう使うか」が大切ですよね

A.テーマ:習慣化(ライフ)

自分がなりたい「優秀な人」

【学生の自分が思う優秀な人】 学生という立場である自分にとって 何かに使う時間は自分で決められるもので、誰かから強制して時間を使うことは無い。 ブログを書く、音楽活動をする、インターンをする、大学で勉強する 全部自分で決めていい。

上手・下手より「納得感」

評価基準って自分主体で良いじゃないですか

成功者ってどんだけ超人なのよ

自己啓発的な記事はとんでもないことを軽々と書いて 「自分でもやれる」という気分にさせてくれる。

現実と理想の両方から人生を創りましょう

キャリアは両極端な2つの考えで築きあげていきたい。

弱音が出るとき大切なのは、「ブレーキをかける一文字」

弱音を出さないために

不完全を許容すべき

不完全の中で代表格なのは 「できない」と「知らない」

「嘘つき」と「挑戦してる人」を一緒くたに見るな

夢を掲げてる人は まだ理想を達成できてない挑戦してる人

楽しみ方はレベルによって違う

すぐにやめちゃう人は「それをやること」で楽しみ 続けてるけど他の人から称賛されるに至らない人は「自分が思う通りにできること」で楽しみ 称賛される人は「自分が思う通りにできた後に与える影響」で楽しむ

「何でもできるとしたら?」じゃない

好きだけどあまりピンとこなかった言葉に、 「なんでもできるとしたら、何をやりたい?」 元々こういう考え方はしてたんだけど、 「う〜ん」みたいな。

楽しむことは苦労すること

やりたいことっていうのは今の自分じゃできないことが多々ある訳で、そこには苦悩ややめたいと思うことはある。

ルーティンを意図的に使いたい

最重要な習慣

なぜ生活習慣は定着しないのか

生活習慣を定着させるための仮説

時間管理って難しい

自分の時間管理のずさんになる理由

習慣は身につくものではなく、身につけるもの。

意図して身に付けましょうのすゝめ

考える前に考え方を持てるのが最高

この考え方が基盤

本は破りながら読む

自分はほとんどの本を、1ページ読むごとに破って捨ててます。